沖縄青の洞窟セオリー

沖縄で初めてのダイビングといったら青の洞窟ツアー、設備の整ったスポットは年齢や経験に関わらず楽しめるとあってファミリーにも人気

沖縄の青の洞窟について、知っておきたいポイント

青の洞窟ツアーに参加する際に、知っておきたいポイントがいくつかあります。

最初に、青の洞窟は有名観光スポットなので、ピークシーズンには多くの人が訪れます。

洞窟前で混雑して、中に入る時に待ち時間が発生することもあります。

陸路でのアクセスの場合には、階段が渋滞することだってあります。

ピークシーズンを避ければ、それほどの心配はいりませんが、ゆっくり楽しむためには早朝から9時までの朝のツアーか、午後3時を周ってから夕方にかけての時間は比較的すいています。

混雑を厭わないのであれば、ホテルで朝食を取って身支度を整え、ツアーに参加してから次へ移動するなどのその日一日のスケジュールが組みやすいのは、やはり日中の時間帯になります。

ツアーで送迎がついている場合などは、希望の時間が選べないこともあります。

事前の予約はインターネットなどを利用して行うのが一般的です。

マリンアクティビティは天候にも左右されます。

青の洞窟はもともと沖縄の漁師さんが台風の際に船を避難させたスポットとしても知られています。

とはいえ、アクティビティは安全を一番に行なわれますから、たとえ快晴の日でも海が荒れていればコースが変更されることもあります。

洞窟の周辺には多くのスポットがあるので、魚と触れ合える場所へ移動することもあります。

真栄田岬から国道58号線へ出て、少し北上すると仲泊北の信号を超えたあたりからは、人気のカフェやレストランが並びます。

ダイビングツアー会社も多くあるエリアです。

隠れ家カフェなどで青の洞窟のアクティビティの余韻にひたるのもおすすめです。

沖縄ののんびりした時間の流れを楽しめるエリアでもあります。

●お土産選びの参考に→恩納村役場 農林水産課 パッションフルーツ


Categorised as: 沖縄で楽しむ為に

Comments are disabled on this post


Comments are closed.