沖縄青の洞窟セオリー

沖縄で初めてのダイビングといったら青の洞窟ツアー、設備の整ったスポットは年齢や経験に関わらず楽しめるとあってファミリーにも人気

沖縄の青の洞窟で、体験ダイビングとシュノーケリング

青の洞窟は、真栄田岬にあって海水が侵食することでできた洞窟です。

洞窟の中は太陽光線が反射して一面青く、魚のサンクチュアリーを形成しています。

沖縄のガイドブックには必ずと言っていいほど登場する有名なマリンスポーツのスポットです。

周辺の魚はとてもフレンドリーで、エサを持って入ると魚の方から寄ってきてくれます。

岬の方からアプローチする陸からのコースと、ボートで洞窟の近くまで行って泳いで中に入るコース、カヤックなどを組み合わせたコースと、アクティビティの内容にもさまざまなものがあります。

青の洞窟シュノーケリングツアーと言うのは、水中メガネとシュノーケルをつけて、ウエットスーツを着込んでの海遊びです。

ウエットスーツには浮力があるので身体が浮きやすくなりますし、フィンを付ければ泳ぎに不安があってもスムーズに移動ができます。

洞窟までのアクセスには、ツアーの同行スタッフがロープなどで誘導してくれるので、安心して参加することができます。

泳げない人やお子さんは、同行ガイドがひっぱって洞窟まで連れて行ってくれます。

一方、青の洞窟ダイビングツアーは、呼吸器機を口にくわえて潜ります。

体験ダイビングは初めての人にも参加しやすく、10歳から参加ができます。

シュノーケリングよりも深い海の中の世界を実感できます。

今までダイビングをしたことがない人も、沖縄の海の美しさにダイビングを一生の趣味にしようとはまっていくことも少なくありません。


Categorised as: 青の洞窟の楽しみ方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.